財団法人亀岡市都市緑花協会 本文へジャンプ
 第27回 花づくりコンクール 



市長賞 西別院小学校 花づくりコンクール
環境学習の一環として取り組んできた段ボールコンポストも,今年で4年目。異年齢集団の4班ごとに,次年度用の堆肥作りをします。教師は支援を控え,上級生が下級生に見本を見せたり説明したりと,異年齢だからこそ得られる学習機会を大切に育んでいます。今回は種から大きくした花や,年を越した花で飾っているのが特徴です。
教育長賞 亀岡市立幼稚園 花づくりコンクール
花に親しみが持てるよう,子どもたちがお気に入りの育てたい花を選んで植えました。フェンスに色とりどりの花をアーチ状に吊るし,手前のチューリップがかわいらしく引き立つように工夫して並べました。前方には,秋に子どもたちが植えた鉢が,所狭しと並んでいます。子どもたちや職員,保護者の癒やし空間となりました。
教育長賞 南桑中学校 花づくりコンクール
今回は,2年生の生徒たちが花づくりをしました。花の色のアレンジも,生徒同士で相談して決めました。たくさんの苗でしたが,生徒たちは丁寧に慎重に植えていました。白い花の色に,パンジーやビオラ,ナデシコ(ダイアンサス)の花の色が映えて,色鮮やかな美しいコントラストを楽しむことができました。
教育長賞 詳徳中学校 花づくりコンクール
今年は,生徒会本部と各部活長が,きれいなグラデーションを考えて花の配置をしてみました。より立体感のある,川の流れのような花壇ができあがっています。新入生を迎える時期に,艶やかな花を咲かせてくれ,今年は特にパンジーのボリュームがありきれいでした。
都市緑花協会
理事長賞
川東保育所 花づくりコンクール
子どもたちが植えた花が,玄関先にきれいに咲きました。きれいなピンク色のベゴニアに興味津々。顔を近づけて確かめています。目で見て,手で触れて,鼻で匂いを確かめながら,花壇に添える花のプレートを作成しています。自分たちで世話をするんだと,花を大切にする気持ちで園芸活動に取り組みました。花の水やりや雑草の手入れが,毎朝の日課になりました。
都市緑花協会
理事長賞
東部保育所 花づくりコンコール
やさしい色合いを並べ,春の季節を感じられる雰囲気にしました。子どもたちがプランターに土を入れたり,やさしく花をポットから出したりしながら植えました。少し緊張していましたが,楽しんでいました。年長児が中心となり,朝の登園後,水やりをしながら花の生長を楽しむことができました。
都市緑花協会
理事長賞
千代川こども園 花づくりコンクール
子どもたちが,堆肥を合わせた土をスコップですくい,大きなたらいの上でふるいにかけ,土作りをしました。できあがった土を指で触り,感触や匂いなど,土を存分に感じ取ることができました。この小さな体験によって,自然を守り育む心につながってくれることを願っています。
審査員特別賞 大成中学校 花づくりコンクール
校門を入ると,すぐに4段の階段があります。その階段をパンジーとビオラなどで飾りました。バックのサクラとともに,入学式を迎えることができました。生徒会美化委員とPTAで,一緒に花植え活動をしています。